What is Data scientist?

いま、話題の「データサイエンティスト」について

データサイエンティストは、今後ますます必要とされることや高収入を期待できること、海外でも活躍できることなどから注目を集めている職業の一つです。
今回は、データサイエンティストは一体どのような職業なのか、またデータサイエンティストの年収相場や海外での活躍状況などについて詳しくご紹介いたします。

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、データに基づいて合理的な判断を行う職務や研究者・実践者のことを指します。
複雑で膨大なデータ(ビッグデータ)を情報科学や統計学など、さまざまな手法を用いて解析し、マーケティングやトレンド要素を踏まえながら有益な知見を引き出すことが主な仕事です。新しいビジネスを創ったり、意思決定のサポートをしたりすることがデータサイエンティストに求められるため、企業の経営状況を左右する存在になり得ます。

「データサイエンティスト」という仕事が生まれた背景

近年、通信機器の発達やネットサービスの普及・データ収集技術の向上などにより、データの量が膨大に増えています。これらビッグデータを活用する人材として、データサイエンティストが生まれました。
「データサイエンス」という言葉自体は古くから使われていますが、近年アメリカの経営学誌にて「21世紀で最もカッコいい仕事」としてデータサイエンティストが挙げられたことから、バズワードになり世界に広がったともいわれています。
そして現在、「データサイエンス」は単なるバズワードでなく、収益アップにつながる重要なものだという認識が広がり、データサイエンティストを雇用する企業が増えています。しかも日本国内のみではなく、世界各国でデータサイエンティストが求められているのが現状です。

データサイエンティストに必要な資格・スキル

現在は、データサイエンティストになるための特別な資格や試験はありません。
しかしデータサイエンティストには、高い専門性と幅広いスキルが必要になります。統計学や数学・ディープラーニング・機械学習・マーケティング・プログラミング・ビジネスに関する専門的な知識など、あらゆる知識が必要となります。

さらに言えば、データを扱うスキルだけでなく、データをもとに新しいビジネスモデルの構築や意思決定が求められるため、発想力や決断力などの能力も必要となってきます。

データサイエンティストに必要な資格・スキル

企業によって行う業務は異なりますが、主に下記のようなことを行います。

  • データ収集と解析
  • データからビジネスモデルを考案
  • データを利用しビジネス課題を解決
  • 最新の分析手法・IT情報等の
    把握、活用
  • ITチームや他チームと連携

データサイエンティストは稼げる?気になる年収相場は?

データサイエンティストの平均年収

データサイエンティスト正社員の平均年収は、約730万円です。
日本人の平均年収約441万円(国税庁平成30年分民間給与実態統計調査より)と比較すると、大幅に高収入であることがわかります。
また都道府県別の平均年収でみると、東京で働くデータサイエンティストの平均年収が一番高く、次いで大阪・愛知と続いています。
一方、海外では日本よりもデータサイエンティストの年収が高い場合があります。
アメリカでは日本よりもビッグデータに重きを置いていることから、アメリカで働くデータサイエンティストの平均年収は約1,200万円ともいわれています。

データサイエンティストが高収入な理由

データサイエンティストは、日本および海外でも高収入を得られることが期待できる職業です。なぜ高収入を得られるのでしょうか?
近年、ビッグデータを持つ企業は増えてきており、データを扱い活かすことができる人材を求める傾向にあります。しかしデータサイエンティストは幅広い知識とスキルが必要なため、適応する人材が多くないのが現状です。
つまり、優秀な人材を確保するために企業側は収入を高くしている、ということになります。またビッグデータを持っていてデータサイエンティストを求人する企業は大手企業が多く、元々の給与が高いことも高収入である理由の一つです。

データサイエンティストの将来性

技術の進歩によって、あらゆることが機械やAIができる時代になり、私たちの住む世界はますます機械化・AI化する部分が多くなっていきます。
その一方、有益なビジネスアイデアを生み出せるのは、今でも人間だけしかできません。
データ量は年々増え、ビッグデータを持つ企業も年々増えています。そのため今後も膨大なデータを扱い、知見を引き出すことができるデータサイエンティストの需要は高まることが予想されます。

海外でのデータサイエンティストの活躍状況は?

海外での需要状況

日本国内のみならず世界的にも優秀なデータサイエンティストが求められ、人材が足りていないといわれる現在。
特にアメリカではデータサイエンティストが不足していることから、大学でデータサイエンスに関する講座が続々と開講されています。また企業内でデータサイエンティストを育成する研修プログラムを設けている組織もあります。

海外から日本人データサイエンティストが求められる理由

海外企業やグローバル企業の中には、「日本人のデータサイエンティスト」を求めているところもあります。元々、日本人は科学や数学に関する事を理解・分析し表現する能力が高いといわれているため、海外からも日本人の資質が注目されているためです。
また日本人の「真面目で丁寧」な性格も海外の企業から必要とされる理由の一つのようです。

海外で活躍する場合に必要なスキル

海外で活躍したいと考えるなら、データサイエンティストに必要なスキルだけでなく、英語の習得も必要です。現地でコミュニケーションをとるための十分な英語を、前もって身につけておくことが求められます。また必要なスキルは英語力だけでなく、自分の意思を主張することができる能力も必要となってきます。
海外で活躍するためには、日本人の「遠慮しがち」な面を出さず、自己主張することが重要です。力強いプレゼンテーション能力や自己表現力も不可欠です。

国内外問わず英語スキルは必要

海外で活躍することを想定していない場合でも、データサイエンティストを目指すなら英語力は必要です。なぜなら、データサイエンティストにはプログラミングスキルも求められるからです。プログラミング言語は英語で作られたものが多いため、最低でも理系分野に関する英単語を覚えておく必要があります。
また、データサイエンティストは最新情報を把握することも重要な業務の一つです。海外で発表される最新情報は英語で書かれていることが多いため、そういった点でも英語力は必要不可欠となってきます。

まとめ

幅広い知識とスキルが必要なため、ハードルが高い職業ではありますが、データサイエンティストになれば高い収入が期待でき、欲する企業も多いため、引く手あまたとなるでしょう。
またグローバルに活躍するのであれば、データサイエンティストとしてのスキル以外に英語力やプレゼンテーション能力・自己表現力などを高めることも欠かせません。
優秀なデータサイエンティストを目指す道は容易ではありませんが、適応する人材が少ないからこそ、その高い頂を目指す価値がある仕事だと言えます。