Webマーケティング

Webマーケティング

昨今のデジタル化の勢いはすさまじく、スマートフォンの出現やSNSの浸透によって、情報を得る手段は従来のテレビや新聞からインターネットへと移行しています。

それによって人々の購買行動は大きく変わってきて、「Webマーケティング」の重要性もますます注目されるようになってきています。

今回は、これからWebマーケティングを学びたいとお考えの方に向けて、「Webマーケティング」の基本的な知識や施策などについてご紹介していきたいと思います。

《もくじ》
Webマーケティングとは
Webマーケティングのメリット
Webマーケティングのステップ
Webマーケティングの将来性について
まとめ

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、WebサイトやWebサービスを中心に行われる、インターネットを利用したマーケティング手法のことです。

Webマーケティングでは、Webを利用して、商品を売り込む活動を行ったり、商品が売れる仕組みを作ったりします。

最近では、「デジタルマーケティング」という言葉も聞かれるようになり、混同してしまう人も多いかと思います。

しかし、このデジタルマーケティングは、Eメールやスマートフォンアプリ、IoTなどのあらゆるデジタル技術を利用したマーケティングのことを指し、Webマーケティングもデジタルマーケティングに含まれるかたちになります。

そして、デジタルマーケティングのなかでも、Webサイトを軸にしたマーケティングのことを「Webマーケティング」というのです。

Webマーケティングのメリット

現代の時流に即しているといえるWebマーケティングには、次のようなメリットがあります。

1. ターゲットを細かく絞れる
Webマーケティングでは、ターゲットを細かく絞ることができます。
Webマーケティングでは、ユーザーの閲覧履歴やページ遷移から分析した属性に合わせた広告表示が行えます。
そのため、各ターゲットに合わせた内容でのアプローチが可能になります。

2. 費用を抑えられる
Webマーケティングでは、費用を抑えたマーケティングを行うことができます。ターゲットを絞ってアプローチをすることが可能です。
そのため、余計なアプローチを避けることができ、費用を抑えることが可能です。

3. スピードが速い
Webマーケティングは、従来のマス広告に比べて、施策の決定から実行までのスピードを圧倒的に速くできます。
Webサイトでの広告であれば、大掛かりな撮影や編集が必要なければ、短時間で内容を変更することも可能です。

4. 顧客のデータを蓄積できる
Webマーケティングは、顧客のデータを蓄積できます。
顧客がWebサイトを訪れたタイミングや購入した商品などのデータを保存することができます。
その貴重なデータを半永久的に残して活用することが可能です。

5. 効果測定しやすい
Webマーケティングは、効果測定がしやすくなっています。
Webマーケティングでは顧客の行動が数字として可視化できるので、成果を把握しやすいです。
さらに、それによって得た情報を基に、適切なPDCAサイクルを高速で回すこともできます。


Webマーケティングのステップ

Webマーケティングのステップ

Webマーケティングは、売り上げを向上させることが最終目標になります。
しかし、それは簡単なことではなく、何も考えずにWebサイトを制作したりWeb広告を出したりしても、効果を上げることはできません。

Webマーケティングを成功に導くには、きちんとしたステップを踏んでいくことが大切になります。

Webマーケティングの戦略について

Webマーケティングには戦略が必要ですが、最初に進む方向を間違ってしまうと大失敗になりかねません。

そのため、施策を行う前には次のような視点から分析を行って、自分たちが進むべき方向を決定していく必要があります。

1. 対象ユーザー
自分たちの商品やサービスを利用してもらいたいユーザーについて、分析します。
ターゲットとするユーザーが、どのようにSNSと接しているかを知ることが必要です。

対象ユーザーを設定することで、施策する方法を絞り込むことができるようになります。

2. 競合他社の施策
競合他社がユーザーと行っている、Web上の施策について分析します。
競合他社が対象ユーザーと、どのようなコミュニケーションをとっているかを知ることが必要です。

競合他社が行って成功している施策や失敗している施策を知ることで、自社の施策の参考にすることができます。

3. 自社の強みや課題
他社にはない自社の強みや、解決しなければならない自社の課題について分析します。
競合他社と比較して、自社の商品やサービスの強み、さらにそれらの課題を発見することが必要です。

比較することで自社を客観的に見ることができ、固定観念から脱却することが可能になるので、自社の新たな強みや課題を発見できます。

Webマーケティング戦略の種類とは

進むべき方向が決まったら、次のステップに移っていきます。Webマーケティング戦略は、目的と具体的な施策内容によって、次の3つの種類に分けられます。

1. 集客施策
検索エンジンや広告から自社のWebサイトにユーザーを集め、アクセスを増加させることが目的になります。
自社のサービスや商品を広く浸透させるために効果的な施策です。

・SNS(ソーシャルメディア)
・SEO(検索エンジン最適化)
・メルマガ
・リスティング広告
・アドネットワーク広告
・バナー広告

2. 接客施策
Webサイト上でユーザーにアクションを起こしてもらったり、滞在時間を伸ばしたりすることが目的になります。
ユーザーにとって心地よいWeb環境を整え、興味関心を高めてもらうために効果的な施策です。

・LPO(ランディングページ最適化)
・EFO(入力フォーム最適化)
・Web接客

3. 関係継続
繰り返し商品やサービスを購入してくれるリピーターを確保することが目的になります。
関係を継続して利用し続けることのメリットを、感じてもらうために効果的な施策です。

・メルマガ
・SNS(ソーシャルメディア)
・アプリ

自社Webサイトのデータ分析には、「Googleアナリティクス」と呼ばれる、Googleが提供しているアクセス解析ツールがよく使われます。
どのような客層がWebサイトに訪れているのか、どのようなページがよく見られているのかなど、Googleアナリティクスから得られる情報は、Web担当者でなくとも有益といえるでしょう。
Googleアナリティクスとは


Webマーケティングの将来性について

現在、需要が拡大してきているWebマーケティングですが、今後はAIなどに代替されて、需要が縮小するのではという懸念もあります。

しかし、結論から言うと、Webマーケティングの将来性は明るいです。今後も、Webマーケティングの需要や将来性は伸びていくと考えられます。

その理由のひとつに、テレビメディアの衰退が挙げられます。
以前は絶大な影響力を誇ったテレビメディアですが、Webの勢力が拡大するにつれて衰退の一途をたどっています。
その証拠に、2019年にはインターネット広告費が、テレビメディア広告費を抜いてしまっています。

このような時代の流れから、今後もインターネット広告がテレビメディア広告をしのぐ存在となることが予想されます。

また、あらゆる分野で今後の活躍が期待されているAIですが、複雑なコミュニケーションを必要とする仕事や、創造性が求められる仕事を苦手としています。
ゼロから物事を発想する創造力が求められるWebマーケティングの仕事は、AIに取って変わられる心配のない仕事だと言えます。

まとめ

今回は、「Webマーケティングとは」というテーマについてご紹介してきました。

何となく難しそうに感じてしまいがちなWebマーケティングですが、仕組みや役割を知ることで身近なものに感じることができます。

Webマーケティングの世界は、日々変化していくからこそ難しくもあり、深いやりがいを感じられるものでもあります。

今後においても必要性は増し続ける分野であるため、Webマーケティングは身につけておくと自分の能力を高められるスキルであるといえます。